超意外!? ブーツの臭い対策に○○がおすすめ!

秋冬になくてはならない絶対必要なアイテム、ブーツ。

ささっと履くだけでこれまでのアレンジがひと回りアップするというプラスの点が多い一方で、なんといっても戸惑いを覚えることが脱いだ瞬間的な爆発的な悪臭…。

こちらのページではブーツの悪臭を効果的に阻止するやり方に関してお見せします!

ブーツの臭い対策には足指ソックスがおすすめ!

ブーツを履くとどうして足が臭くなるのかといいますと、我々の足の裏というのは一日のうちにコップ一杯分の汗を流すといわれるくらい本来汗腺の集中度が極めて高い部分になります。

これとは別にブーツは足裏全体を隠すメカニズムのために通気性がひどく、臭いを作っているばい菌がいっぱい生じてしまうおかげで、通気性の高いサンダルシューズと比べて臭いが強烈になりやすいワケです。

こんな足裏の汗対策にはイチオシであるのが「足指ソックス」になります。

足指ソックスというのは通気性が申し分ないと一緒に指の間の汗を効率的に吸ってくれるからばい菌の出現を阻止し、悪臭をきちんと減少させるということが出来ます。

さらに、出先で足指ソックスを履く状況に抵抗感があるケースでも五本指タイプで布地が薄めの”ハイヒール用靴下”を装着し、おまけにからタイツを履けば視覚的もおそらく不快な感じが存在しません。

やっぱり一般的な靴下が好ましい!というケースはシルク製の靴下を選択するように努力すると安心できると思います。

シルクは吸水性が少し高く、すぐさま乾き切るから悪臭を円滑に抑制してくれるでしょう。

ブーツの臭いを防ぐフットケアのやり方

指の間を清潔に綺麗にして無いケースだってブーツの悪臭が激しくなる要素のひとつです。

とりわけ忘れ傾向が高いっていうのは爪の垢

悪臭物質が発生するばい菌は汗だけに限らず、爪の垢や古い角質だってエサにして摂取してながらも生存しているから、風呂に入る場合は足指の間と一緒に爪全体を丁寧にピカピカにするように気を付ける必要があります。

【ブーツの臭いを防ぐフットケアのやり方】

1.お風呂に足を10分間くらいつけた方が良いでしょう。

これにより指の間や爪に蓄積されている汚い物がふやけていくというわけです。

2.足指の間はスポンジを用いてひとつひとつ入念に洗い流し、爪は表面~際に及ぶまで爪を専門にしたブラシを使用した状態でギュッギュッと洗いたほうがいいでしょう。

爪専門のブラシが見当たらないケースだとソフトめの歯ブラシだって代用することが可能だと申します。

ブーツの臭い対策法をトピックにお伝えしてみました!

いずれもカンタンに実施できるやり方ばっかですから、ブーツをしょっちゅう履く人は是非とも役立てて下さいね。

 

合わせて読みたい記事

ブーツを脱いだらクサイ!足の臭いの原因と対処法

足の臭いの原因と対策法を大調査!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ