足の臭いの原因と対策法を大調査!

汗が多く出る夏のシーズン、ブーツというものを履いて蒸れやすい冬の季節…足の臭いというのは1年365日気にかかるものなのです。

人の前で靴を脱ぐことがはばかられたり、近しいの足の悪臭に苦しめられたりしてはいたりしませんか?

足の悪臭が発生する原因と解決法を身に付け、気持ちの良い冬の季節を過ごしたいものです。

足が臭い原因は?なぜ足は臭うの?

どんな人でも間違いなく嗅いだことがある足の不愉快な匂い。どうして足は臭くなってしまうのでしょうか。

足は1日のうちでコップ1杯分くらいの汗を出しますが、それのみで臭いが生じるわけではないのです。

足の裏には「エクリン腺」と言われている汗腺が集中してるのですが、エクリン腺からの汗というのは大抵が水分で、ハッキリ言って匂いません。

ですが、足には多くの「常在菌」という名のばい菌がたくさん住みついてるのです

常在菌はお肌や爪の汚れ、皮脂というものをエサとして分解します。

このようなケースでは引き起こされる典型的な分解臭に「イソ吉草酸(きっそうさん)」といった低級脂肪酸があって、足の臭いの一番の根幹なんです。

それって納豆にも入っていて、ちょっとでもツンとした臭いがするのです。

これ以外に、毎日おんなじ靴を身に付けているとか、いっぱい汗をかいたりとかしたら、足は蒸れて不衛生な状態になってるのです。

とりわけ、プレッシャーを伴うと汗が出やすい方というのは注意が必要。

エクリン腺は緊張感の影響を受けがちに、毎日のようにメンタル的なストレスを持っている方は、自らが想像以上に足の裏にも発汗していることが想定されます

臭いが引き起こされるバイ菌は、高温及び多湿の環境になれば増殖することが多いといった特徴を持ち合わせています。

足が毎回蒸れやすく不衛生な状態でいると、バイ菌が増殖して臭う⇒より一層足の臭いがメンタルのストレスに変わる⇒より一層汗をだして足の環境が異常になる……というようなマイナスのループに陥ってでしょうかません。

足の臭さを改善させるセルフケア対処法

臭いの負のスパイラルを捨てるには、足そのものズバリと、靴下や靴といったシチュエーションの2つの面でケアをすることがバッチリです。

足のセルフケアというのは、ひとことで言えばだったら「衛生的」にキープする状態に尽きます。

皆様、日常のお風呂でちゃんと足を綺麗にしているでしょうか?

シャワーでラクラク流すぐらい、と言っているのはNG。

バクテリアのエサが起こる古い角質や皮脂が留まっていると推定されます。

石鹸を泡を立てて、足の指1本1本や、指の間もしっかり綺麗にしたいものです

お風呂上がりについては、水分をしっかりと拭き去ったうえでクリームとかでの保湿を忘れないで。

その中でも悪臭が不安なケースでは、滅菌効果を発揮する石鹸を利用するとか、汗の臭いを緩和する非常に効果のあるアルカリ性の重曹で洗浄するといったやり方ももってこいです。

ほかにも、爪のお手入れも必要不可欠で、長すぎると汚いものが蓄積されがちになってしまいます。

そうかと言って深爪も逆になってしまって、血が出たりキズが出来たりしていると、その部分からバイ菌が入って化膿しちゃって足が臭う要因になります。

とりあえずは毎日の足のお手入れを確認しなおしてみたらどうですか?

靴下・靴に気をつけるだけで足の臭さは軽減できる

靴下や靴を「綺麗」にキープする、こっちもすぐさま可能な対策です。

毎日靴を着用して生活する方は、サブの靴下やストッキングを2~3足携帯、何回か履きかえるような形でみたらいいと思います。

さらに、連日おんなじ靴を履かず、履きがっての良い靴を何足か準備して交替で使うようにしましょう。

1日着用した靴は2日陰干しおこなう」といった手順をスタイル化すれば、バイ菌の増殖を抑える効果が期待できます。

帰宅後は、靴に防臭剤や除菌・消臭専用のパウダーもしくはスプレーというものをかけた方が良いでしょう。

環境のケアに十分配慮するのみでも足の悪臭というのは減少できます。

まとめ

いかがでしたか?

いままで見て来たみたいに、足の臭いの対策法というのは直ちに活用することができるやり方ほかないのです。

足が臭くて靴を脱ぐことが怖い……といった状況が発生するより前に、常日頃の足のお手入れに意識を向けみたらどうですか。

臭いの心配が拭い去れれば、大切なシチュエーションでも余裕をもって生活することができますね。

 

合わせて読みたい記事

ブーツを脱いだらクサイ!足の臭いの原因と対処法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ