ブーツを脱いだらクサイ!足の臭いの原因と対処法

足が臭くて人の前でブーツを脱ぐことが気恥ずかしい…といった人はおりませんか?

 気にかかる足の臭いが起きる原因を探り出し、あるいはフィットする対処法をスタートしてみましょう!

足の裏は汗を沢山かいていた!

毎日靴を身に付けているうちに、両足でコップ1杯くらいの汗をだしているとのことです。

この量、ビックリすると思いますが脇の下オーバー!!

それにもかかわらず靴を履いていれば蒸れて悪臭を放出することだってよくあること。

悪臭ができる原因が「一般的な汗」なのであれば、通気性が良好の靴と速乾性の靴下を履く事によって、向上が見込まれることが考えられます。

とは言っても気にかかるようであれば、足を除菌ティッシュで拭いたり、靴下を履き取換えることにより、臭いをたいてい減少させるケースが可能となります。

ところが掌蹠(しょうせき)多汗症みたいに、通常以上に足の裏に発汗するケースだと、治療が必要不可欠です。

靴はローテーションして履く

連日履きっぱなしの靴は、相当の湿気と熱気をおびて、靴一面に染み込んだ実態に陥っています。

このような湿気や熱気を100パーセント抜き出すになると一日かけて以上乾かすことが重要になります。

夜まで身に付けて、ふたたび次の日の朝着用するっていうのはダメです。

1日おきくらいのペースで履くなど、靴を回転させてください。

さらに、脱いだ後は、新聞や消臭乾かす商品を利用し、靴をきちんと休養させてやることが肝要です。

高温多湿の靴の中で、雑菌が大繁殖

足の裏には常在菌がたくさんおります

それらの菌の数が通常通りであるのなら、足裏を健やかにキープしてくれますが、高温多湿環境の中である靴の中においては、細菌が急速に増加しちゃうことが起こります。

そのほか、足裏に停滞した角質や不要な物質は、バイ菌達の絶妙な餌に。

足をきれいにして小綺麗に保つだけではなく、角質ケアを一定サイクルでやってみるのも、バイ菌の増殖をストップさせるためには必要とされます(し過ぎはお肌を傷つけるから注意)。

バイ菌の増殖が理由のものとしまして有名なのが、「水虫」になります。

水虫ばかりか似たトラブルのものが見られるから、何かしら症状が発生したケースでは早いうちに皮膚科に足を運ぶようにしてください。

体臭や加齢臭も原因の1つ

加齢と並行して色濃くなる体臭が、加齢臭。

足裏の悪臭は、食事内容の崩れ、プレッシャー、体調不十分なんかに左右されます。

脂質過多の栄養を摂取して居ると、悪臭が厳しくなるのでしょう。

さらに、加齢臭というのはカラダの新陳代謝を高める事によって、多少なら回避できるようです。

日常生活、バランスのとれた体力作りをきっかけに汗が出ることを意識したり、水分を意欲的にやや多く補給するように努力するとか、カラダのサイクルを回復することを意識しましょう。

悪臭が発生する原因は個人差がありす。

とりあえずは、あなたの臭いが発症する原因を明らかにするケースが肝心です。

要因を念頭に置いたうえで、それにあったやり方により足の臭いを撃破したいものです!!

 

合わせて読みたい記事

汗を抑える6つの方法とは?

お手頃制汗剤で汗と臭いをブロック!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ