脇汗を止める・抑える6つの方法

色々な要因に従ってわれわれを思い悩ませる脇汗。

多少なりとも押さえるために行える、実効性のある6つのやり方をお伝えします。

①制汗剤で止める

一番一般的な対策。大まかに分けてクリーム・スティック・ロールオン・スプレーの4種類が存在します。

スプレータイプはサラサラとして爽やかさもありますが、ものすごい量の汗に流れ落ちてしまうことなども。

ロールオンやスティックは手を汚さずにじかにお肌にぬり込むことが出来るから、カンタンで楽チン。

クリームタイプというのはお肌に対する密着度が強いことを利用して、制汗成果は当たり前ニオイ抑制効果においても望めそうになります。

②病院での手術

クリニックでの切開手術では脇汗の元となっている汗腺を取り去る、あるいは壊すオペで悪い部分を良化することだって不可能ではありません。

いろいろな外科手術方法があって、症状の重大性や担当ドクターが違えば異なってきますから、きちんと前もって話し合うことが肝心

実際のところは保険不適用オペですので全額自己負担となっています。

オペ法やクリニックにも左右されますが、20万円から40万円ぐらいが平均価値。

事態が違えば保険適用が発生する時があるから、いろいろな医療機関で話し合いをしてみたりすることも悪くはないと思います。

③ボトックス注射

近ごろ関心が集まっているボトックス注射というのは、ボツリヌス菌より取り出されたタンパク質を注射し、一時の間筋肉をしびれさせ脇汗を抑制するやり方。

ボトックスを注射したところ、脳から出る「汗を出しなさい」といった命令が阻止され、注射を行なった範囲の汗を制止することを可能にするというもの。

極めて細長い針を利用することから苦痛もさほど強くは無く、心配がなく9割を超える方に実効性があると注目されているやり方。「過度な原発性腋窩多汗症」と診断されると保険が使用され3万円くらいから受けることができます。

自由診療の際はクリニックが異なると違ってくるのですが、10万円ほど。

高いですが効き目に希望が持てます。 しかしながら一生涯それらの効き目が変化しないわけでなく、3~6カ月ぐらい。

一定間隔でケアが必要不可欠。さらに限定的に内出血したり、脇ではないポイントより汗が出たりというような反作用があるケースも覚えておくようにしてください。

④リラックスする

実効性ある手段の一つが、「腹式呼吸」。これについては鼻から息を少しずつ吸いこみ、おへその下周辺に空気をため込む感覚でお腹を膨らませるのです。

吐く際には口より。腹式呼吸を行なう時に高原や海、花畑といったイメージを浮かべるとより一層疲労回復効果が上昇します。

さらに、のんびりとお湯に入る、アロマオイルを利用することだって望ましいですね。

⑤緊張には心理的な治療

メンタルな原因に左右される脇汗改善を望むなら、心療内科で相談だったりメンタルな診察してもらうケースも一つのやり方になります。

自律神経の行動しを改善する「自律訓練法」などで回復するケースもたくさんあります。

症状によりビタミン剤、精神安定剤や抗不安剤というものを活用するケースも。

心の中を健康にしておくことで、脇汗や自律神経失調に影響を受けるカラダのお悩みが解消されるケースもいろいろあります。

あなた自身で悩むことなく専門家に尋ねてみてはいかがでしょうか。

⑥こまめに汗をふく

デオドラント商品などを利用して安定して…って気に掛けても、出てしまった汗。

汗は出てきた程度では無臭ですが、何もせず放っておくとばい菌が増加する要因となって不愉快な悪臭が生じます。

まめに拭き去ることによって悪臭や洋服への汗染みを防御するケースが生まれますよ。

ふき去るについては、タオルだったり吸水性が良好のタイプを一回濡らして固く絞り込んでから利用すれば、お肌に残っているばい菌までちゃんとふき去る事が可能となります。

一般の汗拭きシートなどといった利用しすぎと摩擦については気をつける必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ